”本物”の布団を作るために、丸三綿業には特殊な設備があります。
その設備や、設備を使用し加工された特殊な素材をご紹介します。

エコ防縮加工設備

塩素を使用せずに、ウールのスケールオフをします。
ダイオキシンの発生がない、人と環境に優しいエコ防縮加工です。
ウールプルーフをしていないスムース生地などでも吹き出しの心配がありません。
洗濯をしても縮みにくくなります。

スチーム&ドライ加工

ウールは本来クリンプという縮れのおかげで弾力性がありますが、わた状に加工するとせっかくのクリンプが伸びてしまいます。
そのクリンプを回復させるために、ウールに高温の蒸気を与え、それを急速に乾燥させます。
これにより布団のかさ高性・弾力性がアップします。

※丸三綿業で使用するウールは、全てスチーム&ドライ加工を施しています。

ウール専用 クロスフォーミング

2台の機械を使い、ウール繊維をタテ・ヨコに重ねてウール綿を成形する方法です。
一般的な成形方法は1台の機械で繊維を一定方向に揃えた状態で成形されています。
クロス成形加工をすることにより、綿切れを防止し、かさ高性・弾力性がアップします。

丸三綿業で使用するウールは、全てクロスフォーミングを施しています。

ノップス製造(球状化)設備

ノップスとはウールやテンセルなどの繊維を直径5mmほどの球状に加工した粒わたです。通気性や弾力性がアップします。洗濯をすることも可能です。
枕やクッションなどの中材として使用されます。
ウールノップスは、英国羊毛を100%使用しています。

長繊維状シルク「シルクフィル」

繭から巻き取ったシルク繊維を、長繊維状のままふわふわの”わた”にする技術です。従来の真綿布団に比べてかさ高性・弾力性がアップしました。
布団の中綿から、ストールやベストの中綿など、幅広く使用できます。

Treatment(R)

Treatment(R)とはテンセル(TM)繊維を改質し、よりなめらかにする柔軟加工の特許技術です。